銀行と消費者金融ならどちらが早く借りられる?

早く借りられる金融機関は消費者金融、金利は低いけれど借り入れまでに時間がかかるのは銀行、この概念は一旦取り払ったほうが良さそうですね。カードローン商品によっては、この概念が逆になるようなことも起きています。

 

銀行のローンは、申し込みのために準備する書類が多く審査も時間がかかると思い込んでいらっしゃいませんか?しかし、銀行カードローンに限っては申し込みに必要な書類は本人確認書類と所得証明書のみというものがほとんどです。さらに限度額によっては所得証明書不要で申し込みができる場合も多いのです。また、審査時間も大変短くなっています。即日審査ができる銀行カードローンも少なくありませんから、早く借りたい時でも銀行での借り入れで十分対応できることもありそうです。

 

それでも、銀行カードローンによっては銀行の普通預金口座の開設が条件となっているものもあります。これなら時間がかかってしまいますね。一方の収入証明書不要 カードローンは、審査時間に関しては十分な速さを誇るものでしょう。30分ほどが最短の審査時間のところがほとんどです。貸し付けに業務を特化している消費者金融だからこそできること、と言ってもよいでしょう。

 

また、消費者金融で気になる点は金利の高さでしょうか。この点も今なら安心して利用できますよ。グレーゾーン金利等は一切廃止され、利息は法律によって借入額に応じて定められています。これを超える金利を設定した消費者金融等の貸金業者は罰を受けることになるため、決して違反することはありません。

 

どちらが早く借りられるか、と金融機関を比較することは今ではあまりお勧めできないことなのかもしれません。各ローン商品を比較し、借り入れまでの速度と金利のバランスなどが自分にピッタリのものを選ぶべきでしょう。

 

所得証明書とカードローン

お金を借りる時に金融機関に必ず求められるものといえば、所得や収入を明らかにする書類でしょう。金融機関にしてみれば収入が分からない申し込み者にお金を貸すことはできませんし、いくら貸せば確実に返済できるのかを知ることもできません。

 

しかし、金融機関には独自の方法があり、申し込み者が企業などに勤めているのなら大まかにその収入を把握できるようになっています。これによってカードローンなどの審査時間が大きく短縮できるようになっているのです。

 

また、一定の限度額以下の申し込みならば、この把握できた収入で貸付額などを決定しあえて収入証明書や所得証明書を提出することもありません。この一定額以下で申し込みをするようにすると、手間が省けてより早い借り入れが実現するということになるのです。

 

ローンを申し込む時には必ず所得証明書を準備しなければいけないということではありません。申し込み者によっては、簡単に所得証明書を準備できないこともあるでしょう。こんな時に所得証明書などを提出しなくてもよいカードローンを探すことで、準備時間を短縮することができるのです。

 

所得証明書を提出する限度額がかなり大きいカードローンなどもあります。楽天銀行やオリックス銀行のカードローンでは限度額が300万円を超える場合でなければ所得証明書の提出は不要です。

 

急いでカードローンを利用したい方は、早く申し込みをしてしまいたいものですが、借り入れに関しては急がば回れが成功の秘訣となることも多いのです。借りるだけではなくその後の返済などもずっとついてくるのがローンですから、申し込みや借り入れ方法だけでなく返済方法などまで気を配っておくほうがよいでしょう。